アヤナス化粧水を使用するにあたって

化粧水とはどのようにお肌への作用があるのかを確認してみましょう。

特に、「肌には水分が貴重だから、化粧水は一番肝心」と考えている自分がほとんどのようですが、それは錯覚だ。化粧水が、丸ごと肌の水分に上るわけではないからだ。

私たちの肌の水分を続けるために、最も活躍しているのは、角質細胞時間脂質、なかでもセラミドだ。セラミドは歳とともに減り、それに従い肌の水分も減っていきます。そこで、セラミドを補うか、もしくはその代用に陥る保湿成分(ヒアル口ン酸など)をまかなうのが、ふさわしい保湿のお措置になります。

肌のうるおいイコール化粧水とおもう人が多いようですが、化粧水の大半は水だ。水中には、これらの保湿成分はからきし合体できません。つまり、セラミドが減っている肌にいくら化粧水をつけても、間聞がたてば蒸発してしまう。水を与えても、それはそのまま「濡らして」いるだけで、保温したことにはならないのです。毛髪がパサついていたときに水で濡らしても、また直ちにパサついて仕舞うのと同じです。

「化粧水だけは、二流でいいからガンガンつけろ」という習わしがあるようで、取り敢えず化粧水を何度も繰り返しづけやる人が多いようですが、残念ながらめったに内容昧の乏しいことです。コットンで何度もパッティングしていると、逆に肌を傷めてしまうこともあります。http://www.xn--bcknw2b0do2g.com