スキンケアは手で立ち向かうのが一番です

化粧水を塗るときは、手でつけていますか? それともコットンを使っていますか?

コットンは、たとえ上質のものを使っても、繊維の刺激で肌にちっちゃな被害ができ易いものです。角質クラスが傷つけば、そこから肌のうるおい成分が流れ出し、外界からの刺激は中に入ってきてしまう。そして、肌はカサカサし、肌退化を導く原因となります。
普段のスキンケアで、コットンを取り扱う必要性はありません。化粧水でも美液、乳液でも、手でつければ充分だ。手で塗り付けるとムラになるとか、手法がコスメの栄養素を吸って仕舞うというのは作り話だ。仮に、手法にとった化粧水などが外見にのせる前に手法に吸いとられて仕舞うのなら、手ですくった水も手の中に吸いとられて仕舞うはずです。しかし、水をすくうことができるのですから、手法に化粧水などをとって肌にのせることに、まったく問題はありません。

化粧水だけでなく、美液、乳液、クリームは、手法にとった上、肌を治めるようにしながら、手のひらや指のおなかでつけていきます。肌を引き締めようとしてパシパシと叩く自分がいますが、叩く刺激は赤ら顔や変色の原因になります。血行をよくしたいのであればツボ押しをとり入れましょう!
デュオクレンジングバームの評判は?